長野市 戸隠
戸隠鏡池&飯綱山
(いいずなやま)1.917m

自宅発3:45→中央高速道伊那IC→長野自動車道→上信越道長野IC→戸隠浅川線→6:45・戸隠鏡池・7:45→飯綱西登山口8:15→一の鳥居苑地分岐→11:40飯綱山・昼食・山頂発12:35→15:00西登山口15:15→戸隠奥社参道入口→戸隠バードライン→上信越道長野IC→自宅着20:15

戸隠宝光社 戸隠中社 西側登山口 飯綱神社
地図はイメージです




陽が射す前、穏やかな湖面の鏡池



2005年10月16日
信州も標高の高い山から少しづつ下りてきたとの紅葉便りです。天気予報と起きた時のドシャ降りの雨に迷いながらも北信濃は戸隠鏡池の紅葉と、北信五岳のひとつ飯綱山にも登ってきました。紅葉真っ盛りとなっていた鏡池では早朝から多くのカメラマンや見学者が来ていました。

朝方まで降っていた雨の影響で、低く垂れ込めた雲が太陽の昇る方角で邪魔をしていた。正面には右手から戸隠山と荒々しい峰峯が続く西岳が湖面に写る様子はまさに鏡のようです。三脚が並ぶ中に入ってチャンスを待った。
陽が差し込み明るく華やかになった瞬間はホンの僅かな時間で、新たな雲が流れ山々が隠れていきました。





戸隠鏡池から西岳連山を望む



飯 綱 山 登 山
(いいずなやま)1.917m



飯綱山はガスで展望もなく



飯綱山へは戸隠中社前から少し進んだところにある西登山道を登ることにしました。家々が並ぶ狭い道の間を抜ければ広い駐車場のある「神告げの湯」が。林道となって右手下に「ちびっ子忍者村」を見ながら進むと、登り口を示す小さな表示があり路肩にはすでに5台の車が停まっていました。

カラマツ林から雑木林の中につけられた登山道は広々とした道が続きます。やがてコース脇にはハナイグチやクリタケが目につくようになりました。嬉しくなってそれらを採りながらの歩きでペースが極端に落ちてしまった。緩やかな登りが続いていましたが次第に傾斜もきつくなり、泥濘と石も多くなって頑張りどころもありました。




タムラソウ

下山を前に



好天なら展望が良いであろう尾根にでた。時間と共に回復してくるとの期待も空しく厚い雲とガスに隠れて展望はなかった。足元には盛りの過ぎたリンドウの花が目につき、最盛期はきっと綺麗だろうと思った。一の鳥居コースからの合流点辺りから人も多くなってきた。南峰の飯綱神社にお参りし、更に先の北峰へ行くと多くの登山者で賑わっていました。やはり日曜日と人気の山だなと思った。




戸隠奥社へは 1.6km

クリタケ

収獲のキノコ



飯綱山から下山後は戸隠奥社に続く参道写真を撮影しただけで近くの蕎麦屋に入った。本場の手打ち蕎麦は一味も二味も違って美味しかった。帰りの戸隠バードラインは狭い道で長く、長野ICから入ろうとこだわった市街地通過も時間がかかってしまった。同じ長野県内だが戸隠は遠いと感じた旅でした。



2005年10月16日 撮影



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO